洋裁教室コモノ

洋裁教室コモノ

京都で自分の作りたい服・鞄を型紙パターンの作成方法から学べる洋裁・手芸教室

公式LINE登録で、
「自分の着たい服を作るためのオンライン洋裁講座」をプレゼント!

洋裁教室コモノ公式LINE登録



 

まずはプレゼントの導入動画を観てください(2分33秒)

ウンザリするほどお洋服は、世の中にあふれているけれど

自分が着たい服がない・・

ワクワクときめきながら、お洋服を手作りする。

そんな生活を送りたい人へ

洋裁教室コモノ【公式LINE登録・友だち追加】で、

今、自分が何から始めたら良いかが分かる、

講座1・2・3をプレゼント!!



 

これから洋服手作りをしたい人への プレゼント動画

服を作れるようになりたい人用動画1

プレゼント講座1

仕事をしながら
洋裁を学ぶとしたら、
どの方法がある?

服を作れるようになりたい人用動画

プレゼント講座2

洋裁には何が必要?
道具と材料基礎知識
技術の全体像

服を作れるようになりたい人用動画

プレゼント講座3

自分らしい服を手作りする
最短の方法とは?
一番効率的な学び方

プレゼント講座1・2・3をみても、

「自分がどう洋裁を学び始めたら良いか、分からない」人には

視聴特典 無料ZOOM個人相談に応じます(相談後プレゼントあり)

*期間限定サービスです・予告なく終了することがありますので了承ください

このようにお困りではありませんか?

自分が好きな布で服を作りたい

本を沢山買ったけど、
意味がわからない

洋裁を始める時に、
何が必要か知りたい

公式LINE登録(友だち追加)をして

プレゼント動画講座3つを受け取り

自分らしい洋服を、手作りしてみてください! 



 

洋裁教室コモノ講師紹介

洋裁教室コモノ講師ぜんばやし

善林英恵(ぜんばやし)

山間部の田舎にて生活していた高校時代、元々アトピー体質でもあり着心地のよい服が欲しく自分の服を作り始める。

京都市立芸術大学卒業後、服飾の世界に興味を持ち、文化服装学院服飾研究科に入学。卒業後に靴製造メーカー勤務、退職後平田暁夫帽子教室にてオートモード(高級婦人帽子)の作成技術を習得。

靴デザイナーを経て、独立。デザイナー物の鞄職人、帽子職人、友人のブランド立ち上げのバッググラウンド業務、芸術写真作品の衣装全般とマネージャー業務をしつつ、帽子作家として活動。百貨店催事での出店、企画画廊での帽子作品発表を行う。

2011年に東京から京都へ移住。2015年より上京区にて洋裁教室コモノを主宰。100名以上の方にそれぞれの段階に応じて、必要な事を指導している。

ユーザーの声

オンライン講座参加者の声

洋裁教室コモノオンライン講座参加者

布を見て一目惚れして買っても、いざ作るとなった時、どんなデザインに合うのか、パンツorスカート?ワンピ?…選択に迷ってお手上げになっていました。結局、押し入れに入れっぱなし。気に入ってる布だけに、素敵な服に仕上げたいのになぁ…と、困っていました。

プロの方の経験からアドバイスを頂けたら、「このデザインでいいのかなぁ?」という不安と自信の無さを解決して、先に進めると思いました。

参加して本当に良かったです!長年眠っていた大好きな布が、近々ワンピに変身しそうです!講師の方の豊富な経験からの意見はとても説得力がありました。(Y・Bさま)

↓↓公式LINE登録はこちらから↓↓



 

よくある質問

下記質問クリックで回答が開きます

全く問題ありません。中学校までの段階で、どれくらい縫い物をしたことがあるかで、多少習得のスピードに差があります。しかし段階を追って学べば、誰でも服作りは出来るようになります。

結論から言いますと、手縫いでも服は作れます。約100年前にミシンが一般化するまでは、あらゆるものは手縫いでつくられていました。ただし、出来上がりまでの時間がとてもかかるので、それを見込んで作成の時間を作ってください。

必要ありません。上記のプレセント動画の配布に使っています。その他、洋裁教室コモノでのサービスの紹介に、使わせていただいております。

はい、可能です。日中はお仕事に時間が取られるので、効率的に時間を使う必要があると思います。ただし仕事ではないので、楽しみながら無理なくステップを踏みながら、学びすすめるのがおすすめです。

追申

〜〜これから服作りを始めたい人向けの動画講座を、配布する理由〜〜

ここ数年、個人作家として服・帽子・鞄の制作をしながら、洋裁教室で指導をしています。

生徒さんそれぞれ自由に作れる場を用意したいという思いから、作成物は「自分が作りたいものから作る」というコンセプトで教室を行っています。

最近は手作りブームもあってか、今まで「手作りそのもの」を全くやったことがないという人も。体験授業に来られることが激増してきました。

そのような中、あまりにも実力と乖離したレベルの服づくりを最初からしたがる人もおられ、なかなか継続して学べないということが時々起こっていました。

せっかくやろうとしているのに、自分から学ぶ内容を難しくしている人が多かったのです。これは、服作りの基本的な作業量がイメージできていないから起こったことではないかと思うのです。

もちろん服作りも技術のひとつなので、段階を追って学べば、基本的なものは誰でも出来るようになります。

しかし既製品を店で買ってくるのが当たり前になったせいか、生活の中で「ものを手作りする」ということ、そのものの体験が圧倒的に少ない。

作業すること自体にかかる手間と時間のイメージを、持ちづらい方が本当に多くなってきたと感じています。

気軽に「ちょっとここを教えてほしい」と身の回りの人に聴きたくても、作ること自体ができる人が殆ど居ない世の中にも、なりました。

沢山ある本をみても、わけが分からない・・そういう人が最初にどう考え、服作りをスタートすれば良いのか?ということを動画で説明し、配布すれば、最初の段階でお困りの方のお手伝いができるのではと考えました。

このプレゼントによって、洋服の手作り生活をはじめる人が、一人でも増えることになったら良いなと考えています。

洋裁教室コモノ公式LINE登録