洋裁教室コモノ

洋裁教室コモノ

京都で型紙から服の作り方を学べる洋裁・手芸教室

服作りーゴムパンツ股上縫い

【洋裁初心者向】ゴムパンツ作り方全解説5・股上ミシン縫い合わせ(袋縫いの仕方)

ゴムパンツの股下が縫い上がり、筒状になりましたら股上を縫い合わせます。

ここも股下の部分と同じように、袋縫いで縫い合わせます。

左右のズボンの部分を重ねる時に間違えやすいので、注意して作業をすすめます。

外側表に合わせ、ミシン縫い →縫い代整理をして、アイロンで割る →裏側表になるようにひっくり返し、ミシンをかける。

股下と同じように作業をしていきます。

____________

用意するもの

股下を縫い合わせた状態のズボン二本

ミシンとミシン糸

待ち針

糸切りバサミ

アイロンとアイロン台

股上縫い

二本縫い合わせたズボンを重ねます。
片方を裏返し、外側が表になるようにします。
次にズボンの内側に、外側が裏になったズボンを挿入。そうすると外表で重ねられますね。

最初の縫いは袋縫いなので、縫い代は二枚合わせになる内側に入るようにします(外表)。

股上縫い

重ね方が間違っていると、合わないのですぐ分かります。
そして股上の部分をあわせて、ピン打ちをします。

股下の縫い代は、両方後ろ身頃の方に倒します。
(布の厚みが出すぎてこうするとミシンがかからない時は、わざと前後入れ違いに縫い代を倒してもOKです)

そして布端から4〜5ミリのところをミシン縫いします(最初と最後に返し針をするのを忘れないようにしましょう)。

股上ミシン縫い
股下縫い3

ボサボサを切り落としアイロンで割ります。

股下縫い3

写真撮り忘れましたが、ひっくり返して、ズボン片方の足を反対側に差し込み重ねます。
布端から7〜8mmのところを、ミシンがけします(袋縫い)。

股上縫い2
股上縫い

ミシン縫製後にズボンを引き出すと、上記写真のようになります(裏表になった状態の写真です)。

股上が縫い上がりました。