前回(よもやま記3)にも記述していたように、一般的な鞄から発想すると良くないことが判明。

個人的には、あの有名な鞄作家の江面さんのデザインとか好きなんですよ(持ってないけど)。モダンスタイルの洋装の方で所有されてる方、多いと思うのですが、ああいう造形を着物姿にあわせるというのもアリではないか?

考え方を真似して、ぺらっとした革一枚で作成した肩紐のエコバッグを自分用に使ってますが、実に使いやすい。 しかし、コレ、商品にするのが難しいのよね。。

何が問題かって、「作った鞄が、値段が高そうに見えない」(多分)。

鞄って、重厚感がないと高そうには見えんのですよ。どんなに手間かかってても。要するに、カッチリしててオブジェ感があるものが、高級感があるものなのですわ。=物が入らない使いにくい鞄。なんですけれどね~~

女性にとって、鞄はやっぱりアクセサリーとしてのファッションアイテム、の側面もある。

じゃあ、思い切って、使いやすさとかは置いといて、ぺらっとしたアートな感じ?で鞄考えてみたら、どんなのが出来るだろうか。

で作ってみたサンプルが、こちら。

染織吉田コラボ鞄サンプル

自分で言うのもなんですが。・・わりといいんじゃない?

バン!って、織り布メッチャ贅沢に使ってます。遠慮なく(笑)。

凄い贅沢だ。個人作家の織り布(1点もの)を、表にこうやって使うっていうのは、あんましないんじゃないだろうか。

しかも美保子さん、鞄のためにデザインして織ってもいいよ~~とか言われてる(驚)。まぁ、糸を機にかけるまでの手間が膨大な織布・・勿論、他の帯制作と絡めて同時制作なら可能になるわけですが。

帯を普通にオーダーしたら、数十万からの世界。
手間を考えたら、当然。しかし着物ふだんに着ない人からみたら、やっぱりかなり勇気がいる値段。おいそれとは買えないしな~
だが、鞄だったら物によっては10万円以下で出来ちゃうわけですよ。自分の為に色柄考えられた布で、オリジナルの1点ものが。

丁度、染織吉田のHPリニューアルで直販コーナーも出来たことだし。ということで、お試しで小さいものと大きいものを何点か作成。この企画、凄い良いんじゃないだろうか(自画自賛・笑)。。と思っていたら、早速染織吉田に帯をオーダーしているお客様からお問合せが。

ちょっと大きいので、サイズオーダーのONLYONLYの企画でもう少し小ぶりの鞄が欲しい。

とのこと。とにかく、作ってみる。というスタンス。流石吉田さん、いろんなテイストのお客様から問合せが。頂いたオーダーを繋いでいただいて、頭を捻りつつ作り続けることとなったのでした。
(その結果が、写真一覧にずらっと並んだ鞄たち。クリックすると、染織吉田のHPの報告記事を読むことが出来ます)